STORY


40年の時を超え、
「海藻」からはじまるストーリー

STATE OF THE ARTは
「すこやかで美しい肌」を追い求めた
医家向け特殊化粧品界の巨匠、
渡邉 禮美の想いから誕生しました。

彼は皮膚科医1700名以上と関わり、
化粧品開発に没頭する日々のかたわらで

皮膚科に訪れる患者の肌症状を改善しても、
また同じ肌トラブルを繰り返す状況を目にします。

肌トラブルに対処するだけのスキンケアに
限界を感じた渡邉は
肌本来の機能に着目し、
肌本来の力を引き出す化粧品を作れば
悩みの根本解決ができるのではないかと考えました。

渡邉は肌が喜ぶ本物の化粧品を作ろうと決心し、
肌への負担が少なく高い保湿機能をもった
天然素材を探し、各地を旅します。

長い旅の末、その答え
「海藻・乳酸菌・発酵」にたどりつくと、
そこから4年の歳月をかけ最先端の発酵技術を駆使。

研究をかさねた結果、
実現不可能とされた世界初事業化レベルの
「海藻乳酸菌発酵SWプロセス」に成功。

特殊理論に基づいた、
水性ミネラル皮膜をつくる究極の美肌成分、
LUMERA3.3を作り上げました。

渡邉禮美、
40年におよぶ皮膚科向け特殊化粧品開発
の経験をもとに うみだされたクリエイション。

人生のすべてを捧げた結晶、
それがSTATE OF THE ARTなのです。

渡邉 禮美

渡邉 禮美(わたなべ ひろよし)略歴

POLA研究員を経て、東京大学・九州大学・関西医科大学・徳島大学・鹿児島大学の皮膚科教授を中心とした約20大学の皮膚科教授に請われ、ノエビアの支援で皮膚科医院の患者向け、低刺激性化粧品NOVを設立。
株式会社NOV初代代表取締役に就任。以後、皮膚科医1700名以上と関わり、医家向け特殊化粧品会社4社の設立と商品開発に関わる。
東京大学医学部皮膚科医局で化粧品学を教え、大手化粧品メーカーから多数の開発依頼も受ける。


【最先端発酵】
「海藻・乳酸菌・発酵」技術から誕生した、独自成分LUMERA3.3(ルメラ3.3)

過酷な海洋環境に適応し、
アミノ酸・葉酸・ビタミンA・ビオチン・
各種ミネラルを豊富に含む海藻。
国産の海藻(ツノマタ/アラメ/海苔)
を種類別に異なる乳酸菌で発酵させ、
複数種類の海藻を独自に調合した
別次元の次世代成分
LUMERA3.3(ルメラ3.3)。

肌の常在菌バランスをすこやかに導き、
天然由来の水性ミネラル皮膜をつくることで、
長時間保湿を維持します。


SDGs/サステナビリティへの取り組み

・未利用資源を使い、海洋汚染を食いとめ
海の生態系を守ります。
・日本化粧品工業連合会「サステナビリティ指針」に
準拠しています。
・過剰生産しません。エイジレス・ジェンダーニュートラル・オールシーズン対応。

自然環境の変化等でうまれる
色落ちした養殖海苔の廃棄処理など、
問題視される未利用資源の海藻を
発酵させることで
有効な美肌成分へと転換させ、
地域課題の解決や海の生態系の維持に寄与。

年齢や性別、季節を問わない究極の処方を開発。
「商品点数を絞り、過剰に物を作らないことで
環境負荷を減らしています。